積ん読雑記

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

2012年11月30日(金) 書き出しの呪縛(No.77)

川端康成『雪国』(新潮文庫)

『雪国』の書き出しを「国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国であった」とそらんじる人が少なくない。なぜ、「そこは」がまぎれ込むのか? ずっと疑問に思ってきた。
この文は接続詞「と」を挟んだ複文であり、前後で主語が異なるが、そのいずれもが省略されている。そこにミソがあるように思える。これが英語だとどうなるか。サイデンステッカーの英訳は以下のとおり。
「The train came out of the long tunnel into the snow country」。
基本的に主語をたてる必要のある英語訳では原文にない「Train」を主語にもってくるとともに、主語を一本化させている。主語の省略がたやすい日本語は、とりわけ小説の場合はむしろその方が趣きが出るとも言える。しかし同時にそれは文の不安定さにもつながる。善意の読者はおそらく、本能的に文の座りのわるさやリズム感の欠如を感じとって、図らずも「そこは」を滑り込ませることによって文の補正を行なっているのではないだろうか。
老年の域に達した川端しか知らない者にはただの無口な年寄りにしか見えないが、岡本太郎によれば、岡本一家が避暑のために逗留した鎌倉の旅館に若き川端はしばしば現れ、一平・かの子を相手に熱っぽい調子で数時間もひとり喋り続けたという。そんな情熱と知性に溢れた俊英には文章表現の効果など先刻承知のことだったろうし、感性の産物たる小説につまらぬ言葉論議など無用なのだろうが、いつも気になって仕方がないのである。
「国境の長いトンネル・・・」はこの作品を読み解く上でも象徴的だ。主人公の無味乾燥な日常性からトンネルを抜ければ、そこは美しい山々と白銀の世界。主人公・島村にとっては現実を忘れさせてくれる夢の世界がそこにあった。島村が惹かれる駒子と葉子。対照的なふたりは島村の内面をも暗示させる。東京が待つ現実と非現実のような雪国の世界。余韻のある結末はその後のストーリーを読者それぞれにゆだねる。私の貧しき想像力はつい島村の夢落ちを考えてしまうが、それは決してあってはならない。この名作は、もうひとつの続きの物語を考えよ、という川端からのメッセージであるかもしれない。

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

honya@kotonoha-shorin.jp
Akiary v.0.61